FARM TO TABLE

節氣飲食的研究 Japan⇔Taiwan Workshop / Food-Coordinate 二十四節気は地球からみた太陽の通り道「黄道」360度を15度ずつ24に区切り、そのひとつひとつに節気を配して四季の移り変わりを表したものです。一つの節気は15日程度になります。 中国からはじまった節気は、東洋でひろがり、それぞれ独自の風土/気候/食文化が再解釈されています。 節気は長年蓄積された生活習慣が反映された統計でもあるので自然科学のひとつであると考えています。 そして、人も自然の一部と考えたときに、生活に必要な季節感を補い、健康につながる道ではないかと思い、節気をもとにシエナ・シノは取り組んでいます。

FARM TO TABLE PROJECT

A eat trip to taste the season of Kaohsiung from farm to table.

高雄の食材が農場からテーブルまでどのように運ばれるのかを体験しながら、季節の料理を味わう
ファーマーズマーケットツアーと料理教室を取り入れたイベント
主催chill chill kaohsiung projectのNato、Tristaの考えは中国の昔の言葉「身土不二」を基に、健康だけに重点をおくのではなく、旬の食材を食べ、土地との調和を大切に過ごすこと。
地元の農家のコミュニティーをサポートし、健康的な食品の選択肢作りにむけて人々を応援しています。

節 氣 食 旅 x Akiko Maeda
特別企劃 special event

定期開催
日本と台湾共通の暦をもとに
教室では高雄のファーマーズマーケット微風市集の農産物を使用し、
宮崎農産物紹介・日本の季節の家庭料理を再現
野菜を自分好みに料理できると、台所の時間も楽しい
日々の野菜果物お楽しみの一助となれば幸いです

 

協力


 

design by chill chill kaohsiung project.